ぞうさんの知恵袋

お引越しの準備、日々の生活のこと、人には聞きづらいけどやっぱり知りたいこと…
読んでおくとちょっとお得な知識がたくさん!それが「ぞうさんの知恵袋」です。

鍵交換は必須?賃貸契約時の鍵交換について説明します。

2020年07月28日

賃貸でお部屋を契約した場合に鍵交換代金を払うことがあります。鍵交換は任意なのか必須なのか?鍵交換の必要性は?を説明いたします。

鍵交換とは

お部屋を借りる際には、原則入居前に新しい鍵に交換を行います。
地域によって慣習の違いはありますが、鍵の交換費用については契約者(入居者)が負担をし、賃貸借契約時に契約金とあわせて支払うことが一般的です。
賃貸物件では、入居時にお渡ししたお部屋の鍵を全て返却しなければなりませんが、複製された鍵まで把握することはできません。従って、お部屋を借りる際には、入居前に毎回新しい鍵に交換し、防犯対策を行うことが一般的になっています。

鍵交換は任意?必須?

地域によって慣習の違いはありますが、基本的に契約者(入居者)にて鍵交換の費用を負担し、鍵を交換する事が必須になっているのが一般的です。
ごく稀なケースでは、賃貸借契約書の特約事項に記載したり、覚書を取り交わす事によって鍵交換をしない事もあります。
しかし鍵交換を行わない場合、前の契約者(入居者)が鍵を複製していたり、退去した後にリフォームを行う内装会社が複製している事があります。
万が一、複製された鍵で侵入された場合、盗難被害や事件に巻き込まれる可能性もあります。事件が起きてからでは遅いので、やや費用は掛かってしまいますが未然対策として鍵交換を行うことを推奨しています。

鍵交換代金は誰が払うのか

賃貸の契約を行う際に、鍵交換の費用が入居者負担となっているケースが一般的です。どうして借りる人が支払わなければならないの?という方もいると思います。「原状回復をめぐるガイドライン」では、大家さんが支払うことを推奨していますが、契約条件は任意に決めることができるため、昔からの慣習で入居者が支払う項目として指定されていることが多いです。

鍵交換にかかる費用

契約する物件によって鍵の種類が異なります。

一般的な鍵

よく見る形状の鍵だと思います。ピンシリンダーキーやディスクシリンダーキーなどと呼ばれることがあります。
契約する物件によって金額は異なりますが、12,000円~17,000円が相場です。

ディンプルキー

上記記載のシリンダータイプを複雑化したデザインで、ピッキングなどに強いタイプです。デザインは鍵表面部分が凸凹しているところが特徴です。
こちらも物件によって金額は異なりますが、15,000~21,000円が相場です。

電子錠

自分で設定した暗証番号を入力して開錠し、施錠時もボタン1つと非常に楽です。また、鍵を持ち歩く必要がないので、鍵の紛失などのリスクがなくなります。
デザインも非常にオシャレな点が特徴です。
電子錠は安いものは5,000円~10,000円などですが、高いものは20,000円~35,000円ほどです。

 

従来鍵を1本、大家や不動産管理会社が所有していることがありました。最近では鍵交換をした際、全ての鍵を入居者に渡すことも多くなりました。鍵交換をしない際の貸主側借主側のリスクを理解し、鍵交換を行うことがオススメです。